toggle

HERZ タブロイドペーパー「Herz Design Sketch vol.1」配布スタート

2018.10.15


革鞄メーカーのHERZ(ヘルツ)さんのタブロイドペーパー「Herz Design Sketch」をリリースしました。

HERZの鞄はたくさんの職人さんたちがそれぞれデザインしてるので、鞄をじっくり眺めてると、作り手のいろいろな想いが伝わってきます。

そんな鞄をカタログやWEBで写真として見せるのではなく、別のカタチでその魅力を伝えたいというところから企画がスタート。
作り手のアイデアが、線となり、形となり、鞄になっていくということを表現したくて、写真ではなく「実際の鞄のほぼ実物大のスケッチ」で紹介していくことになりました。
スケッチはイラストレーターの八田さんにお願いして、HERZのラフさやさりげない温かみが感じられるアイデアスケッチのようなイメージにしてもらいました。文字もすべて手描きなんです。

鏡の前であててみるのもよし、自分の持っている鞄と大きさを比べてみるのもよし、ポスターにするのもよし。
HERZの鞄と同じように、いろいろな楽しみ方で、ラフに手にとってもらえたら嬉しいです。

全国5店舗(東京/仙台/名古屋/大阪/福岡)およびオンラインストアで配付中です。
ご利用の際は、ぜひともチェックしてみてください。


&bottle 展示販売イベント「お茶と水筒と」開催!

2018.09.24


9月1日に全国発売した「&bottle(アンドボトル)」の初の展示販売会が開催します。

2006年発行の雑誌Re:S(りす)創刊号特集「すいとうのある暮らし」。
それから12年の時を経て、ようやくカタチとなったあたらしい“ふつう”のすいとう「 &bottle 」。
その発売を記念して、「水筒がもたらしてくれる、あたらしいお茶の世界」をテーマに、奈良県で自然栽培のお茶づくりをしている「健一自然農園」代表の伊川健一さんのお茶づくりの話をはじめ、水筒だからこそ美味しく味わえる伊川さん監修の4種類のティーバッグのお茶の販売(10月1日〜)や、お茶の木や茶畑の土の展示まで楽しめる内容になっています。

展示期間中、会場ではその4種類のお茶を&bottleに入れた状態でサーブするので、展示をただ見るだけでなく「&bottleのある暮らし」と「自然栽培のお茶の美味しさ」を五感で体験することも。

ぼくは会場レイアウトや展示パネルやPOPなどをデザインさせていただきました。
そちらもあわせて楽しんでもらえるとうれしいです。

ぜひご来場ください!

Re:S presents “&bottle” Exhibition and sale

「お茶と水筒と」

会期:2018年9月25日(火)〜10月31日(水)※土日祝休み
時間:11:30〜22:00(最終日は17:00まで)
会場:風土はfoodから


タイガー魔法瓶 × Re:S「&bottle」新発売!

2018.09.03


ロゴマークやパッケージやWEBサイトなどのデザインを担当した、タイガー魔法瓶の新商品「&bottle(アンドボトル)」がついに発売しました。

タイガーオンラインショップをはじめ、全国の東急ハンズで好評販売中です。

絶妙なカラーリングとマットな質感をはじめ、手にすっぽりとおさまる意匠設計や丸洗いできる構造など、ぜひ店頭でじっくり見ていただきたいところ。
店頭にはパッケージも陳列されてる場合もあるので、そちらもあわせてご覧いただけるとうれしいです。


今後、さらにいろいろな店舗やイベントなどで展開予定なので、どうぞお楽しみに!


タイガー魔法瓶 × Re:S「&bottle」のWEBサイトが解禁!

2018.08.24


あたらしい“ふつう”を提案する編集事務所 Re:S(りす)と タイガー魔法瓶が12年もの歳月をかけてつくった、あたらしい“ふつう”の水筒「&bottle(アンドボトル)」。

ロゴマークをはじめ、パッケージやWEBサイトなどをデザインさせていただきました。


本日ついにブランドサイトをリリース!

https://sahara.jp/feature/andbottle/

9月1日からタイガーオンラインショップをはじめ、順次全国に販売展開していく予定です。
まだパッケージを掲載することはできませんが、
ぜひ店頭でパッケージとあわせてご覧いただけるとうれしいです。

TwitterInstagram でもさまざまな情報を発信していますので、ぜひともフォローをお願いします。

シンプルなフォルム、細部までこだわった構造設計、マットな色合いや手触り、持ち運びしやすいサイズ感。
どこか懐かしくてあたらしいカップで飲むスタイルが、そっと暮らしに寄りそって、ほっと一息つく時間を豊かにしてくれそうです。

book &bottle、movie &bottle、travel &bottle、work &bottle、your life &bottle・・・
ぜひ、みなさんの暮らしに、&bottleを。


東京・千代田区神田錦町に「風土はfoodから」がオープン!

2018.07.23


東京都千代田区神田錦町にオープンした、おばんざいバル「風土はfoodから」。
店舗のロゴマークをはじめ、暖簾や壁面のサイン、WEBサイトやショップカードなどをデザインしました。

作品詳細はこちら

コンセプトに“食べられるミュージアム”を掲げるこのお店は、2階のギャラリーでさまざまな地域の食文化を編集(キュレーション)&展示していきながら、それに連動して1階のおばんざいバルの期間限定メニューも入れ替わる仕組みなんです。

さまざまな地域の食文化を学びつつ、その食文化を五感で味わうことができる、いわば「体感型レストラン」。
オープン第一弾の展示は、秋田の寒天文化にフォーカスした「あたらしいかんてん」がスタートしています。


以前から、Re:Sの藤本さん秋田ののんびりチームから噂を聞いていたけれど、やっぱり百聞は一見にしかず。
実際に見て・知って・味わった秋田の寒天は、どれも出会ったことのない味わい。
秋田には行ったことがないけれど、秋田の風土をちょっとだけ感じることができました。
まさに店名のとおり「風土はfoodから」。


旅する料理家・石丸さんのおばんざい料理はどれも素晴らしくて、その料理が誕生したエピソードも面白いし、秋田を中心とした日本酒も堪能できるので、ぜひ遊びに行ってみてください。

展示「あたらしいかんてん」は8月24日(金)までなので、そちらもあわせてぜひ!

風土はfoodから
東京都千代田区神田錦町3丁目15番地 錦町ブンカイサン 1-2F(MAP
TEL. 080-9666-2141
平日営業(土日祝休み)
ランチ 11:30〜14:00
ディナー 17:00〜22:00(L.O フード21:00/ドリンク21:30)